鬼滅の刃

リピーター続出!劇場版「鬼滅の刃」無限列車の激アツなところ。良いところは?

劇場版「鬼滅の刃」が公開されました。

公開初日の金曜日から土日を含む3日間で観客動員数342万493人、興行収入46億2311万7450円という、規格外の鬼スタートを切りましたね。

興行収入100億円も濃厚と言われるほどの人気となっています。

この3日間で無限列車を見た方々の感想を読んでいると、悪い評価をほとんど見ませんでした。

これだけ多くの人が映画を見たのであれば、悪評が少なからず聞こえてきそうなところですが、何がそこまで人々の心を掴むのか、無限列車編の激アツなところ、良いところについて紹介します。

言わずもがな、原作が素晴らしい

鬼滅の刃の人気は、原作の素晴らしさが基盤にあるからです。

鬼狩りの話なので、目を背けたくなるシーンもかなりあります。

しかし鬼を含めたキャラクターの人となりがしっかりと描かれているため、憎いだけで済まされない読み手の複雑な感情を、炭治郎という主人公が代弁してくれます。

それは表情や言動だけでなく、必殺技である型にも表されるほど、炭治郎の優しさに救われた人も多いはずです。

個性的で情熱的な鬼殺隊士の生き様や、その周りの温かく優しい登場人物一人一人に感情移入してしまう、鬼狩り漫画ですがそんな温かい漫画です。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編では、柱である煉獄杏寿郎の熱い情熱、人間味溢れる人生模様に心奪われること間違いなしです。

スポンサーリンク

漫画から映像へ…映像の迫力がすごい

鬼滅の刃のアニメも今回の劇場版も、「ufotable(ユーフォーテーブル)」がアニメーションを手掛けています。ufotableのアニメーションはクオリティの高さから、アニメファンに絶大な支持を得ているアニメーション制作会社です。

鬼滅の刃は鬼狩りのシーンがとても多く、回を進むにつれ鬼も鬼殺隊も強くなって行きます。漫画でもその迫力は十分に伝わってきますが、やはりアニメーションとして、しかも映画館で見るのとでは迫力が何倍にもなります。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編はオリジナルストーリーではないので、ストーリーは知っていても、それでも映像化されるのを心待ちにしていた人が多いと思います。

それほど漫画でも印象深いシーンの多い無限列車編ですが、キャラクターの繊細な表情や風景の美しさ、また、鬼との格闘シーンは正に息を呑む迫力です。

実際に映画を見たアニメーションの凄さを言葉にするのは難しく感じる程、説明するより見てほしいというのが本音です。

スポンサーリンク

全員がプロの声優

最近のアニメ映画の集客方法として、有名人や人気俳優、芸人を起用するパターンが定番化しています。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編では、一切そのような起用はなく、完全に全員がプロの声優です。

だからこその演技力、熱量。

見る者の心、そして身体中に響き渡る演技に、圧巻の一言に尽きます。

しかも、そのプロの声優が「すべてを出し切りました。ずっと叫びっぱなしでしたし、どのシーンも気が抜けず、常に『これが炭治郎たちの最後になるかもしれない』という緊張感の中で演じていました」

「(アフレコの際は)みんなが『今日で終わってもいい』くらいの気持ちで、その瞬間に全てをかけていた。途中から喉がチクチクしてきて『これ以上叫んだらまずい』と思いましたが、『ここで行かなきゃ、俺はなんのために声優をやっているかわからん! 行けー!』と前に進みました」

と話すほど、映画「鬼滅の刃」にかけた強い思いが伝わってきます。

圧倒的な演技力に引き込まれて、未だに抜け出せていない観賞3日目です。

 

スポンサーリンク

まとめ

鬼スタートを切った、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の激アツなところ、良いところについてまとめました。

原作、アニメーション、声優、音楽…全てにおいて最上級であり、完成度が高く、心に響く、素晴らしい映画です。

心に響き過ぎてなかなか抜け出しきれない私のように、リピーター続出することも容易に想像できます。

この素晴らしい映画について、語り合える鬼滅ファンが一人でも増える事を心より願っています。

映画鬼滅の刃におすすめの映画館。IMAX?ULTIRA?ScreenX?社会現象にもなっている大人気映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」 すでに入場者特典の煉獄零巻の配布が終了した映画館も続出しているよ...