音楽

西川悟平の結婚や高校は?強盗を改心させた7本指のピアニスト!CMや激レアさんに出演

世界的に有名な日本人ピアニストの一人、西川悟平(にしかわ ごへい)氏。

西川悟平氏は「7本指のピアニスト」としても知られる他、「強盗を改心させたピアニスト」としても知られているようです。

振れ幅が凄いですね。

西川悟平氏は、ピアノを英才教育を受けたわけでもなく、ピアノを始めたのはかなり遅かったようです。

そんな西川悟平氏はどうやって世界的ピアニストを実現させたのでしょうか。

この記事では「西川悟平の結婚や高校は?強盗を改心させた7本指のピアニスト!CMや激レアさんに出演」と題し、ご紹介します。

 

この記事の内容

西川悟平の結婚

西川悟平の高校大学(学歴)

西川悟平は強盗を改心させた7本指のピアニスト?!

西川悟平はCMや激レアさんなど多数メディアに出演

 

小川慶太(グラミー賞)の高校やドラム経歴は?美人妻の顔写真がヤバ過ぎる!アメリカ音楽界の最高栄誉賞とも評されている「第63回グラミー賞」で日本人ドラマー/パーカッショニストの小川慶太(おがわ けいた)さんが参...

 

西川悟平の結婚

西川悟平氏の結婚についてご紹介します。

西川悟平氏の結婚

西川悟平氏の結婚について、明らかな情報はありませんでした。

西川悟平氏は1974年生まれなので、2021年5月時点で46歳です。

ご結婚されて、お子さんがいてもおかしくない年齢ですね。

人生の半分近くをアメリカのニューヨークで過ごされてますので、もしかしたらアメリカにご家族がいるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

西川悟平の高校大学(学歴)

西川悟平氏の高校大学(学歴)についてご紹介します。

西川悟平氏の高校大学(学歴)

高校:大阪偕星学園高等学校

大学:大阪音楽大学短期大学部ピアノ科

西川悟平氏の出身高校は、大阪偕星学園高等学校(おおさかかいせいがくえんこうとうがっこう)です。

西川悟平氏の出身高校である大阪偕星学園高等学校は、大阪市生野区にある私立の高校です。

2013年より現在の学校名「大阪偕星学園高等学校」になり、普通コースとスポーツコースがあり、スポーツに力を入れている学校でもあります。

西川悟平氏が在学していた当時は、学校名が「此花学院高等学校」で、男子校でした。

当時は商業科もあったようですが、西川悟平氏が目指していたピアノを学ぶような音楽科などは、此花学院高等学校にはなかったようです。

西川悟平氏は、此花学院高等学校(現:大阪偕星学園高等学校)ではなく、高校の外でピアノを学んでいたののかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

西川悟平は強盗を改心させた7本指のピアニスト?!

西川悟平氏は、「7本指のピアニスト」として有名ですが、「強盗を改心させたピアニスト」として知られています。

2015年頃、西川悟平氏はピアニストして成功を収め、ニューヨークのマンハッタンにあるビルの最上階に住んでいました。

ビルは厳重なセキュリティーがされているのですが、西川悟平氏のミスで間違えて強盗の2人を入れてしまいました。

当初は恐怖に怯えていた西川悟平氏でしたが、心理学を学んでいたため、強盗の心理状態が気になり、「どんな幼少時代だった」と強盗に質問しちゃいます。

強盗も強盗ですが、悲惨な幼少期を過ごしたことを話始め、それを聞いた西川悟平氏は同情し「なんでも好きなもの持って行っていいよ」と答えてしまいます。

すると強盗は「日本人は人を尊重する文化があり、それが好きだ」と打ち明けます。

強盗は気持ちをさらけ出し、強盗2人は西川悟平氏が淹れたお茶を飲みながら、朝まで8時間語り合ったそうです。

 

強盗の1人は誕生日が近かったことから、西川悟平氏がハッピーバースデーを弾き、強盗は感動!

号泣しながら「ありがとう」と感謝しました。

強盗は、西川悟平氏の壊れていたシャワーを修理してくれて、帰り際に「ドアを開けるときは確認を忘れるな」と言って去っていったそうです。

何かを捕りに来たはずの強盗が、朝まで一緒にお茶をしながら語り合う。

壊れたシャワーも直してくれて、気をつけろよと去っていくって、ウソみたいな話ですよね。

きっと、西川悟平氏の人間力がそうさせたんでしょうね。

 

スポンサーリンク

西川悟平の経歴

西川悟平氏の経歴をご紹介します。

西川悟平氏の経歴

中学校3年生1月、15歳の時、ブラスバンドの顧問の先生が可愛く、音大出身だったことから自分も音大に入るためにピアノを始める

必死で勉強し、無理だと言われた音大の短期大学へ進学

卒業後、バブルで和菓子店で働き始める

2,3年後、ニューヨークのジュリアード音楽院で教えていたピアニスト二人の大阪公演で前座する

前座は散々だったが、来日していたピアニストのデイヴィッド・ブラッドショー先生から「やりたいことは何?」と言われ、将来が明確になる

1999年5月 3か月間の予定で渡米。デイヴィッド・ブラッドショー先生の家に住み込みで、必死に練習する

帰国前にブロードウェイのオペラハウス「リンカーンセンター」で演奏
序盤間違えるも、開き直り楽しんで弾いたことが功を奏し、会場が湧き、スポンサーを獲得する。

世界中の超一流ピアニストの集まるニューヨークで自身の置かれている立場に追い詰められ、指が硬直するジストニアになる

医師から、二度とピアノは弾けないと宣告

コネチカットの幼稚園の日本人の先生から、ピアノの先生の依頼を受ける

幼稚園で無茶苦茶な弾き方で曲を弾くも、子どもたちはノリノリで踊りだす
決まった弾き方に囚われず、自分独自の方法で弾いていいんだと気づく

10本指のピアニストに比べると弾ける限界がある分、一つ一つの音色を研究するようになる

そして徐々に、ピアニストやプロデューサーのような仕事もしていくようになる

著書「7本指のピアニスト」を執筆

世界各地でピアニストとしてコンサート演奏するほか、日本の教育現場でも公演などをする

東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まったころから、西川悟平氏は東京オリンピック・パラリンピックで自分の演奏をしたいとずっと思っていたそうです。


 

スポンサーリンク

西川悟平はCMや激レアさんなど多数メディアに出演

西川悟平氏はCMや激レアさんなど多数メディアに出演されています。

西川悟平氏が出演のCMやメディア

「ハートネットTV「ブレイクスルー」」NHK Eテレ出演(2016年6月6日)

「サワコの朝」TBS系列出演(2021年2月20日)

「激レアさんを連れてきた。」テレビ朝日系列出演(2021年5月24日)

Panasonic CM

 

こちら↓がPanasonicのCMに西川悟平氏が出演された動画です。

カッコいいですね!!

 

スポンサーリンク

まとめ

無理を言われたことを強い気持ちで実現させてきた西川悟平氏について、結婚や高校、強盗を改心させた7本指のピアニストの経歴、そしてCMや激レアさんなど多数出演のメディアをご紹介しました。

自分の目標を決め、決意することが一番大切なのかもしれませんね。