グルメ・レジャー

川代紗生(高校大学)学歴や経歴は?元彼が好きだったバターチキンカレーのお店の場所はどこ?

「元彼が好きだったバターチキンカレー」というメニューをお店で出してバズった川代紗生さん。

なかなか凄いネーミングのメニューですよね!!

そもそもなぜこの「元彼が好きだったバターチキンカレー」というメニューが誕生したのかも気になりますし、

この名前を付けた張本人の川代紗生さんという方も気になりますね。

なんと、川代紗生さんは2021年2月1日(月)に放送される「激レアさんを連れてきた。」で取り上げられるそうですよ!

そこでこの記事では、

川代紗生さんの(高校大学)学歴や経歴は?

川代紗生さんの勤務先は?

川代紗生さんのプロフィールは?

元彼が好きだったカレーの食べられるお店の場所はどこ?

などについてご紹介します。

 

川代紗生さんの(高校大学)学歴は?

川代紗生さんの(高校大学)学歴についてご紹介します。

川代紗生さんの出身高校は、恵泉女学園高等学校です。

東京都世田谷区船橋にある私立中高一貫校で、1999年からは高校募集をやめて完全中高一貫校になりました。

つまり恵泉女学園高等学校に入るためには、高校から入学はできないため恵泉女学園中学校から入学するしかないということですね。

川代紗生さんの時は高校入学は可能でした。川代紗生さんの出身中学校に関しては明らかな情報はありませんでしたが、中高一貫校であるためもしかしたら恵泉女学園中学校を卒業されているかもしれませんね。

偏差値は60前後で、お嬢様の学校でお金持ちのお家の方が多いとの声が多いようですね。

流石、東京都の私立中高一貫校という感じがします。

 

川代紗生さんの出身大学は、早稲田大学国際教養学部です。

川代紗生さんは恵泉女学園高等学校卒業後に早稲田大学国際教養学部に進学したようです。

早稲田大学の国際教養学部は他の東京都の大学に比べて偏差値が高めのようです。

川代紗生さんはかなり努力されて、早稲田大学国際教養学部に入ったようですね。

自分の望む進路に進まれて凄いですね。

川代紗生さんはアメリカ留学も経験されています。

アメリカのリベラルアーツ大学であるインディアナ州Earlham College(アーラムカレッジ)に留学されています。

川代紗生さんはこのEarlham College(アーラムカレッジ)を2014年に卒業し、2016年に早稲田大学を卒業されています。

早稲田大学の「ダブルディグリープログラム」を使ったのかもしれませんね。

「ダブルディグリープログラム」というのは、留学2年間と早稲田大学で3年間の計5年間在籍し2つの大学の学位を取得するプログラムです。

とても良い制度ですね。

川代紗生さんはこのプログラムを使いたくて、早稲田大学に進学したのかもしれませんね。

意識が高くてすばらしいですね。

 

スポンサーリンク

川代紗生さんの経歴は?

川代紗生さんの経歴についてご紹介します。

2016年に早稲田大学を卒業した後、「天狼院書店」に就職します。

が、2014年からWEB天狼院書店で連載中のブログ「川代ノート」が人気を博していますので、就職前の大学時代からお世話になっていたのかもしれませんね。

そもそも「天狼院書店」とはどんな会社?なのでしょうか?

「天狼院書店」とは。。?

「天狼院書店」とは、本屋さんです!!

ただ、ただの本屋ではないんです!

お客さんは本が欲しくて本屋に来ているわけではなく、なりたい自分など求めてそのために本を買っているということで、

「天狼院書店」とは、本の先の体験『READING LIFE』を提供する次世代型書店で、

本の販売ももちろんですが、部活やセミナーなども実施されています。

更にはカフェやバーなども様々なことをされています。

1号店は、2013年9月26日に東京池袋店をオープンし、現在では全国各地に10書店1スタジオまで展開しています!

凄いですね。

「天狼院書店」のホームページはこちらより。

 

川代紗生さんの経歴

川代紗生さんは、2016年に「天狼院書店」したあと、

2017年6月~

「天狼院書店」福岡店の店長に就任

2017年8月~

「天狼院書店」池袋駅前店の店長に就任

2018年10月~

東京エリア全店統括店長に就任

とほぼ管理職ですね。

2021年現在も全店長を兼任していますから大変ですね。

それに加え、「天狼院書店」の本部で売上戦略管理・企画編集・マーケティング業務を担当し、雑誌「READING LIFE副編集長をしています。

更には、ライターもされており、ダイヤモンドオンライン・博報堂「広告」・リノナビなどに掲載されています。

個人事務所も設立されるとか?

凄い多角的に様々なことに取り組まれていて魅力的な方ですね。

因みに、ダイヤモンドオンラインで川代紗生さんがお勧めの本と言って紹介していたのが、韓国のベストセラーエッセイ「あやうく一生懸命いきるところだった」です。


 

スポンサーリンク

川代紗生さんのプロフィールは?

川代紗生さんのプロフィールについてご紹介します。

プロフィール

名前:川代紗生(かわしろ さき)

生年:1992年

出身:東京都

高校:恵泉女学園高等学校

大学:Earlham College/早稲田大学

 

 

スポンサーリンク

元彼が好きだったバターチキンカレーのお店の場所はどこで食べられる?

「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」のお店の場所はどこで食べられるのでしょうか。

基本的には、カフェが併設されている全国の天狼院書店で食べられます。

おそらく以下の書店では、カフェが併設してあるので「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」が食べられると思います。

天狼院書店「東京天狼院」(池袋)
天狼院書店「池袋駅前店」(池袋) *現在のシアターカフェ天狼院
天狼院書店「シアターカフェ天狼院」(池袋)
天狼院書店「天狼院カフェSHIBUYA」(渋谷)
天狼院書店「湘南天狼院」(湘南)
天狼院書店「名古屋天狼院」(名古屋)
天狼院書店「パルコ心斎橋店」(大阪)
天狼院書店「京都天狼院」(京都祇園)
天狼院書店「福岡天狼院」(福岡天神)

「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」の値段は800円のようです。

 

「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」がお店で提供されるまでの経緯を川代紗生さんがツイートしてます。

 

元カレと付き合っていたころ、カレをぞっこんさせるため、恋愛本マニュアルを読み漁り胃袋をつかむことが秘訣と信じ、料理にのめり込んだそうです。

それもオシャレな料理ではなく生姜焼きや煮物など家庭料理を中心に。

ただカレの思いがまだ一線を越えないかもと思い、スパイスからカレーを作りに没頭し、

出来たのが「元彼が好きだったバターチキンカレー」だそうです。

詳細が気になる方はこちらからどうぞ。

川代紗生さんは「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」が最終的には、巡り廻って元カレのもとに届けばいいなと思っているそうです。

2021年2月1日(月)に放送される「激レアさんを連れてきた。」では、

川代紗生さんが更に「元彼が好きだったバターチキンカレー」について語ってくれるのではと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」を考案した川代紗生さんについて

出身高校や大学の学歴や経歴、勤務先やプロフィール、

そして「元彼が好きだったバターチキンカレー」の食べられるお店の場所などをご紹介しました。

「元彼が好きだったバターチキンカレー」、通称「元カレー」も

それを提供している「天狼院書店」もユニークで面白いですね。