映画・テレビ

おかえりモネ初回放送の視聴率と感想/反応は?不安という声やシロさんとケンジ共演希望も

放送前から話題のNHKの朝の連続テレビ小説おかえりモネ。

今回初めてNHK朝ドラの主演を務める清原果耶さんと周りの豪華俳優陣にも注目が集まっています。

そんな注目のおかえりモネは、初回放送からいろいろと話題になっているようです。

そこでこの記事では、「おかえりモネ初回放送の視聴率と感想/反応は?不安という声やシロさんとケンジ共演希望も」と題して、ご紹介します。

 

この記事の内容

おかえりモネ初回放送の視聴率

おかえりモネ初回放送の感想/反応は?一部では不安という声も

おかえりモネの脚本家:安達奈緒子

シロさんとケンジ共演は?

 

おかえりモネ初回放送の視聴率

おかえりモネ初回放送の視聴率についてご紹介します。

おかえりモネ初回放送の視聴率

19.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

おかえりモネ初回放送の視聴率は、ビデオリサーチ調べによると関東地区で19.2%でした。

おかえりモネ初回放送の前からTwitterなどのSNS上ではトレンド入りするほど人気だったのですが、前作「おちょやん」に続く2作連続の初回20%割れとも報道されています。

初回放送は大事ですが、半年という長いスパンの中で、物語の展開で視聴者を取り込むかという方が大事だと思いますので、今後の展開にも注目ですね。

 

スポンサーリンク

おかえりモネ初回放送の感想/反応は?一部では不安という声も

おかえりモネ初回放送の感想/反応はどうだったのでしょうか。一部では不安という声もあったようです。

おかえりモネ初回放送の感想/反応を主にSNS、Twitterを基にまとめてみました。

おかえりモネ初回放送の感想/反応

肯定的な意見

キャストが豪華

主演の清原果耶さんが透明感あり、存在感ありで見とれちゃう

出演者が多彩でどの方も素敵

おかえりモネの主題歌がBUMP OF CHICKENヤバい

おかえりモネのオープニングも素敵

 

否定的な意見

ナレーションをする祖母が亡くなって牡蠣に転生するくだりに、今後大丈夫かと不安

キャストが無駄遣いにならないようにしてほしい

朝ドラの現代ドラマは大丈夫かな


 

おかえりモネ初回放送の感想/反応をまとめたところ、圧倒的に期待感が高く、肯定的な意見が多い印象でした。

豪華キャストについての感想や反応も多く、一方で、豪華すぎるキャストに無駄にならないか心配や不安の声も聞かれました。

中でも、ナレーションを担当する祖母・雅代(竹下景子さん)が牡蠣に転生するというシーンは、視聴者の皆さんが「ん??」と気になるポイントだったようで、今後の展開に不安の声もありました。

NHK朝の連続テレビ小説は主役の成長を描くため、ドラマの初期は幼少期のシーンが放送されることが多い印象です。

その為、ドラマの初期(特に初回放送)には、子役が主人公の幼少期を演じることが多く、主演の俳優さんがいきなり出演することはあまり見られません。

しかし、今回の朝ドラおかえりモネは主演の清原果耶さんがいきなり出演ということで、その反響も大きかったようです。

更に、朝ドラおかえりモネにスマホは登場したことも、「朝ドラにスマホは、初登場!」という反応が多く見られました。

そんな視聴者を虜にさせた、おかえりモネの初回放送。

おかえりモネの脚本を手掛けたのは、数々の話題のドラマで脚本の経験がある安達奈緒子さんです。

 

スポンサーリンク

おかえりモネの脚本家:安達奈緒子/シロさんとケンジの共演は?

おかえりモネの脚本を務める安達奈緒子さん。

豪華キャストが発表された時点で、おかえりモネの脚本を務める安達奈緒子さんの色が強いという声も上がっていたようです。

逆に、安達奈緒子さんのファンの方には、今作のおかえりモネがたまらない作品になるかもしれませんが。

安達奈緒子(おかえりモネ脚本家)学歴(高校大学),年齢や夫は?経歴についてもNHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」の脚本家を担当する安達奈緒子さん。 NHK朝ドラ「おかえりモネ」の原作はなく、完全オリジナ...

というのも、おかえりモネのキャストには、安達奈緒子さんが過去に脚本を手掛けた作品に出演した俳優さんが多く起用されている印象があるからです。

おかえりモネの主演を務める清原果耶さんは、安達奈緒子さんが脚本を務め、2018年のNHK総合で放送された「透明なゆりかご」でドラマ初主演を務めました。

産婦人科に務める見習い看護師役を演じた清原果耶さんの演技の評価はとても高く、同作品は、複数の賞を受賞しています。


 

更に、安達奈緒子さんの代表作の「透明なゆりかご」に並ぶ「きのう何食べた?」では、西島秀俊さんと内野聖陽さんが主演を務め、同性愛者としてそれぞれシロさんとケンジを演じています。

「きのう何食べた?」では、西島秀俊さんと内野聖陽さんの演技力の高さでシロさんとケンジの日常的な生活の雰囲気が自然に視聴者に伝わり、Twitterの世界トレンド1位になるほどの人気を誇っていました。

見逃し動画再生サイトでは、100万回以上も視聴されるほど、2019年の深夜ドラマ放送後に人気だったようです。

2021年には「劇場版 きのう何食べた?」として映画が公開予定のようですね。

 

おかえりモネに西島秀俊さんがキャストに加わったのは、脚本家の安達奈緒子さんの声があったからのようです。

おかえりモネでは、西島秀俊さんが主人公が憧れる存在となるお天気キャスター役を、内野聖陽さんが主人公の父親役を演じるようです。

「きのう何食べた?」のファンからすると、おかえりモネで西島秀俊さん(シロさん)と内野聖陽さん(ケンジ)が同じシーンで共演できるのかが注目のポイントになりそうですね。

ただ、2人が演じている役柄は住んでいる場所が遠いことから、同じシーンの共演は難しいかもしれません。

しかし、脚本家の安達奈緒子さんは、その期待に応えてくれるかもしれませんね。

 

U-NEXTなら以下のドラマが全て視聴可能

  • おかえりモネ
  • 透明なゆりかご
  • きのう何食べた?

「透明なゆりかご」や「きのう何食べた?」など脚本を手掛けた安達奈緒子さんの作品を見た人だけが、分かる演出が「おかえりモネ」に今後あるかもしれませんね。


 

スポンサーリンク

まとめ

放送前から話題となった、NHK朝の連続テレビ小説おかえりモネ初回放送の視聴率や感想/反応、脚本家の安達奈緒子さん、シロさんとケンジの共演についてご紹介しました。

半年に渡って放送されるNHK朝の連続テレビ小説おかえりモネ、今後の物語とキャスト同士の掛け合いも楽しみですね。

今回の朝ドラも注目です。