スポーツ

笹生優花(ゴルフ)国籍や英語,オリンピックは?家族(父親/顔画像)の職業は?

全米女子オープン2021で優勝した笹生優花さん(ゴルフ)。

プロテストに合格したのは2019年11月で、プロになったのは2020年1月。

そして2021年6月7日(日本時間)に全米女子オープンで優勝。

実力はもちろんあったものの、タイトルを取るまでの速さが凄いですよね。

それも世界一のタイトル。

そんな笹生優花(ゴルフ)について、この記事では「笹生優花(ゴルフ)国籍や英語,オリンピックは?家族(父親/顔画像)の職業は?」と題し、ご紹介します。

この記事の内容

笹生優花(ゴルフ)の国籍

笹生優花(ゴルフ)の英語

笹生優花(ゴルフ)のオリンピック出場は?

笹生優花(ゴルフ)の家族(父親/顔画像)の職業

 

栗原陵矢(ソフトバンク)彼女は今田美桜!?結婚秒読みは本当?2020年も残り僅かとなりました。 野球ファンの楽しみの一つ「日本シリーズ」も終わりました。 今年はセ・リーグの巨人VSパ・...

笹生優花(ゴルフ)の国籍

笹生優花さん(ゴルフ)の国籍についてご紹介します。

笹生優花(ゴルフ)の国籍

笹生優花さん(ゴルフ)の国籍は、日本とフィリピンの二重国籍です。

笹生優花さん(ゴルフ)の国籍は、日本とフィリピンの両方を持つ二重国籍です。

笹生優花さん(ゴルフ)のお父様は日本人で、お母さまはフィリピン人で、笹生優花さん(ゴルフ)はフィリピンで生まれ、6歳でフィリピンから日本に移り、小学校3年生の時にフィリピンに戻ったようです。

高校は日本の通信制の高校に通っていたので、そのころには日本に拠点を置いてゴルフに集中していたのかもしれません。

しかし二重国籍の方は、いずれ国籍を選択しなければなりません。

法務省でも以下のように、国籍の選択について以下のように書かれています。

日本の国籍と外国の国籍を有する人(重国籍者)は,一定の期限までにいずれかの国籍を選択する必要があります(国籍法第14条第1項)。
また,この期限を徒過してしまった場合であっても,重国籍者はいずれかの国籍を選択する必要があります。国籍法上,期限内に日本の国籍の選択をしなかったときには,法務大臣は,国籍の選択をすべきことを催告することができるとされており,催告された方は,催告を受けた日から1か月以内に日本の国籍の選択をしなければ,原則としてその期間が経過した時に日本の国籍を失うこととされています。

引用元:法務省

 

一般的に、二重国籍とはどういう方が対象になるのでしょうか。

これも法務省によると以下のように書かれています。

(1)  日本国民である母と父系血統主義(注1)を採る国の国籍を有する父との間に生まれた子(例:生まれたときに,母が日本国籍,父がクウェート国籍の子)
(2)  日本国民である父または母と父母両系血統主義(注2)を採る国の国籍を有する母または父との間に生まれた子(例:生まれたときに,父(又は母)が日本国籍,母(又は父)が韓国国籍の子)
(3)  日本国民である父または母(あるいは父母)の子として,生地主義(注3)を採る国で生まれた子(例:生まれたときに,父母が日本国籍であり,かつ,アメリカ,カナダ,ブラジル,ペルーの領土内で生まれた子)
(4)  外国人父からの認知,外国人との養子縁組,外国人との婚姻などによって外国の国籍を取得した日本国民(例:生まれたときに母が日本国籍で,カナダ国籍の父から認知された子)
(5)  国籍取得の届出によって日本の国籍を取得した後も引き続き従前の外国の国籍を保有している人

(注1)父系血統主義とは,その国の国籍を有する父の子として生まれた子に,その国の国籍を与える主義です。
(注2)父母両系血統主義とは,その国の国籍を有する父又は母の子として生まれた子に,その国の国籍を与える主義です。
(注3)生地主義とは,その国で生まれた子に,その国の国籍を与える主義です。

引用元:法務省

(こちら↑に記載されている内容は、一般的な例を書いており、当該外国の法規制により若干変わる場合もあるようです。)

少し分かりづらいですが、上にも書いたように笹生優花さん(ゴルフ)の場合は、お父様が日本人で、お母さまがフィリピン人であるため、(2)に該当すると思われます。

 

二重国籍の方は、いつまでに国籍を選択しなければならないのでしょうか。

国籍の選択をすべき期限は,次のとおりです。
(1) 20歳に達する以前に重国籍となった場合→22歳に達するまで
(2) 20歳に達した後に重国籍となった場合→重国籍となった時から2年以内※以上の期限を徒過してしまった場合であっても,いずれかの国籍を選択する必要があります。
※国籍法上,期限内に日本の国籍を選択しなかったときには,法務大臣は,国籍の選択をすべきことを催告することができるとされており,催告を受けた日から1か月以内に日本の国籍の選択をしなければ,原則としてその期間が経過した時に日本の国籍を失うこととされています。
なお,昭和60年1月1日より前から重国籍となっている日本国民については,既に選択の期限が到来していますが,期限内に国籍の選択をしなかったときでも,その期限が到来した時に日本の国籍の選択の宣言をしたものとみなされています。

 

引用元:法務省

 

笹生優花さん(ゴルフ)の場合、生まれた時から二重国籍ですので、上の(1)に該当します。

従い、22歳までに国籍を選択する必要があるようです。

 

さらに調べてみると、2022年4月1日から国籍の選択すべき期限が変わるようです。

成年年齢の引き下げ等を内容とする「民法の一部を改正する法律」の成立を受け,国籍法についても改正が行われました。国籍の選択をすべき期限については次のとおり変更され,令和4年(2022年)4月1日に施行されます。

・18歳に達する以前に重国籍となった場合→20歳に達するまで
・18歳に達した後に重国籍となった場合→重国籍となった時から2年以内

※ただし,令和4(2022)年4月1日時点で20歳以上の重国籍者については,22歳に達するまでに(20歳に達した後に重国籍になった場合は,重国籍になった時から2年以内に)どちらかの国籍を選択すれば足り,令和4(2022)年4月1日時点で18歳以上20歳未満の重国籍者については,同日から2年以内にどちらかの国籍を選択すれば足ります。
※以上の期限を徒過してしまった場合であっても,いずれかの国籍を選択する必要があります。

引用元:法務省

 

国籍の選択すべき期限が2021年4月1日から変更されるようですが、笹生優花さん(ゴルフ)が該当せず従来の期限のままの、22歳までに国籍を選択すれば良いようですね。

2021年4月1日時点で20歳以上の二重国籍者は、22歳までに選択と記載があります。

2021年4月1日時点で18歳未満の方は、20歳までに国籍を選択しなければいけなくなるようですね。

 

スポンサーリンク

笹生優花(ゴルフ)の英語

笹生優花さん(ゴルフ)の英語についてご紹介します。

笹生優花さん(ゴルフ)の英語

笹生優花さん(ゴルフ)は英語を喋ることができます。

笹生優花さん(ゴルフ)が全米女子オープン2021で優勝した後の会見でも、通訳なしで英語で質問に答えています↓

普通に質疑応答に対応できるのは凄いですよね。

笹生優花さん(ゴルフ)は、おそらく英語、タガログ語(フィリピン)、日本語は喋ることができると思います。

お父様は日本人、お母さまはフィリピン人なので。

フィリピンの公用語は、英語とタガログ語(フィリピン)ですので、どちらも問題ないと思われます。

フィリピンは地方に行けばその地の言葉もあるので、もしかしたらそちらも喋ることが出来るのかもしれません。

 

スポンサーリンク

笹生優花(ゴルフ)のオリンピック出場は日本代表?フィリピン代表?

笹生優花さん(ゴルフ)のオリンピック出場についてご紹介します。

笹生優花さん(ゴルフ)のオリンピック出場は日本代表?フィリピン代表?

2021年6月時点、明かにされていません。

笹生優花さん(ゴルフ)のオリンピック出場について、日本代表として出場するのか、フィリピン代表として出場するのか明らかにされていません。

2020年8月時点では、フィリピン代表として東京オリンピック2020への出場が有力視されていたようです。

笹生優花さん(ゴルフ)のお父様は東京オリンピック2020への出場について以下のように報道に答えています。

「娘はオリンピックに出たいと言っているので、フィリピン代表で五輪に出てから、国籍で日本を選んでも」

引用元:日刊スポーツ

日本の女子ゴルフ界は、フィリピンに比べレベルが高いので、代表権を確実に取るならフィリピン代表として出場するほうが、確実だと思われます。

しかし2021年6月には全米女子オープンで優勝という快挙を成し遂げた笹生優花さん(ゴルフ)。

実質世界一になったようなものですから、日本代表としての出場も十分にあり得るのではと予想します。

 

スポンサーリンク

笹生優花(ゴルフ)の家族(父親/顔画像)の職業/お金持ち?

笹生優花さん(ゴルフ)の家族(父親/顔画像)の職業についてご紹介します。

笹生優花さん(ゴルフ)の家族

父親:笹生正和さん(日本人)

母親:フィリッツイさん(フィリピン人)

兄弟:妹1人、弟3人

笹生優花さん(ゴルフ)のお父様は、笹生正和さんで2021年で63歳になられます。

笹生優花さん(ゴルフ)のお母さまは、フィリッツイさんで、笹生正和さんとは20歳年が離れているようです。

笹生優花さん(ゴルフ)は2021年に20歳になりますので、お父様の笹生正和さんが43歳か44歳の頃に誕生されたようです。

笹生優花さん(ゴルフ)のお父様、笹生正和さんの職業についてですが、外資系会社の役員などとも噂されていますが、明らかな情報はありませんでした。

笹生優花さん(ゴルフ)が6歳の頃にフィリピンから日本に移り、小学校3年生からフィリピンに戻っています。

もしかしたら、笹生優花さん(ゴルフ)のお父様、笹生正和さんの仕事の関係だったのかもしれません。

そう考えると、フィリピンと日本の両方に拠点がある会社や仕事であるような気がします。

 

笹生優花さん(ゴルフ)が8歳の時からゴルフを始めていますし、お子さんもたくさんいらっしゃいますから、経済的には豊かな方なのではと想像できます。

笹生優花さん(ゴルフ)のお父様、笹生正和さんの顔画像がこちらです↓

向かって右側のグレーのポロシャツを着ている方が、笹生優花さん(ゴルフ)のお父様、笹生正和さんです。

笹生優花さん(ゴルフ)に似ているような気もしますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

全米女子オープン2021で見事優勝した笹生優花さん(ゴルフ)について、国籍や英語、オリンピック出場は日本代表なのか、フィリピン代表なのか、そして家族(父親/顔画像)の職業やお金持ちなのかをご紹介しました。

2020年からめきめきと結果を残している笹生優花さん(ゴルフ)さん。

オリンピックを含めた今後の大会に期待ですね。