スポーツ

山口香(JOC理事)経歴や高校大学は?息子やプロフ,五輪開催に意義ない発言について

五輪開催に「意義ない」発言と発言したJOC(日本オリンピック委員会)理事の山口香氏が注目されています。

山口香氏は現在、JOC理事を務めていますが、経歴が凄すぎてヤバいです。

マンガの主人公のモデルになるほど。

そんな山口香氏について、「山口香(JOC理事)経歴や高校大学は?息子やプロフ,五輪開催に意義ない発言について」と題し、ご紹介します。

 

この記事の内容

山口香(JOC理事)の経歴

山口香(JOC理事)の高校大学(学歴)

山口香(JOC理事)の息子

山口香(JOC理事)のプロフィール

山口香(JOC理事)の五輪開催に「意義ない」発言

 

山口香(JOC理事)の経歴

山口香氏(JOC理事)の経歴についてご紹介します。

山口香氏(JOC理事)の経歴

1978-1979年 第1,2回全日本体重別選手権50kg級で優勝

1979年 強化選手選考会で優勝

1980-1987年 第3-10回全日本体重別選手権52kg級で優勝(10連覇)

1980年 第1回世界選手権で準優勝

1981年 環太平洋柔道選手権大会で優勝

1981年 強化選手選考会で優勝

1982年 第2回世界選手権で準優勝

1983年 強化選手選考会で優勝

1984年 第3回世界選手権で日本女子として初優勝

1985年 強化選手選考会で優勝

1985年 第3回福岡国際大会で日本人として初優勝

1986年 第4回世界選手権で準優勝

1986年 第4回福岡国際大会で優勝

1987年 第5回世界選手権で準優勝

1988年 ソウルオリンピックで第3位

1989年 現役を引退し、武蔵大学人文学部助手に就任

1993年 日本オリンピック委員会在外研修制度で1年間イギリスへ留学
      武蔵大学人文学部専任講師に就任

1998年 武蔵大学人文学部助教授に昇格

2007年 武蔵大学人文学部教授に昇格

2008年 筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ健康システム・マネジメント専攻准教授に就任

2011年 筑波大学体育系体育専門学群スポーツ健康システム・マネジメント専攻准教授へ所属が変更、日本オリンピック委員会(JOC)理事に就任

2013年 全日本柔道連盟監事・強化委員、東京都教育委員会委員、日本バレーボール協会理事、に就任

2014年 コナミ取締役に就任

2017年 筑波大学体育系・大学院人間総合科学研究科教授に昇格

山口香氏(JOC理事)は、若い頃柔道選手として世界として活躍されています。

山口香氏(JOC理事)は、1984年の第3回世界選手権で日本女子として初優勝、1985年の第3回福岡国際大会では日本人として初優勝と日本柔道界のパイオニアとも言われています。

それ以前は、世界大会で大柄な欧米選手に勝てないと言われていた日本人が勝てると証明した選手でもあります。

山口香氏(JOC理事)は、「20世紀少年」「MONSTER」で知られる漫画家の浦沢直樹氏の作品「YAWARA!」の主人公のモデルにもなっています。


大学院を修了されたと同時に現役を引退し、教育や指導者の道に進まれます。

大学で教鞭を執りながら、JOCや全日本柔道連盟、東京都教育委員会、日本バレーボール協会の理事や委員を務められています。

他にも、2014年からコナミホールディングスの社外取締役を務めています。

 

スポンサーリンク

山口香(JOC理事)の高校大学(学歴)

山口香氏(JOC理事)の高校大学(学歴)についてご紹介します。

山口香氏(JOC理事)の高校大学(学歴)

高校:東京都立高島高等学校(1983年卒業)

大学:筑波大学体育専門学群柔道方法論専攻(1987年卒業)

大学院:筑波大学大学院体育学研究科コーチ学専攻修士課程(1989年修了)

山口香氏(JOC理事)の出身高校は、東京都立高島高等学校です。

山口香氏(JOC理事)は、東京都立高島高等学校在学時にミス高島に選出されるほど美貌と人気の持ち主でした。

中学時代から山口香氏(JOC理事)は、全日本の大会で優勝する持ち主でしたので、相当な知名度と人気があったことが伺えます。

山口香氏(JOC理事)は、東京都立高島高等学校を卒業後、筑波大学へ進学します。

山口香氏(JOC理事)は、筑波大学で体育専門学群柔道方法論を専攻し、柔道を学問の分野から研究するとともに練習に励み、結果を残しています。

筑波大学の大学院にも進学し、体育学研究科コーチ学を専攻し、指導者に関する知見を深められたようです。

 

スポンサーリンク

山口香(JOC理事)の息子

山口香氏(JOC理事)の息子についてご紹介します。

山口香氏(JOC理事)の息子について、調べてみたところイギリス人の方と国際結婚され、息子さんが1人いるようです。

山口さんは引退後、イギリスに留学し、一般企業に勤めるイギリス人と結婚しました。一人息子のママとして距離を置いたところから日本柔道を見つめ直せたんでしょう。

引用元:ポストセブン

しかし山口香氏(JOC理事)の息子に関する明らかな情報はありませんでした。

山口香氏(JOC理事)がイギリスに留学されたのが1993年ですので、1990年代後半に結婚や出産をされていれば、山口香氏(JOC理事)の息子さんはもう成人している年齢になるのではと思います。

 

スポンサーリンク

山口香(JOC理事)のプロフィール

山口香氏(JOC理事)のプロフィールについてご紹介します。

山口香氏(JOC理事)のプロフィール

名前:山口香

読み方:やまぐち かおり

出身地:東京都

誕生日:1964年12月28日

その他:日本の柔道家(六段)、柔道指導者、筑波大学体育系教授、全日本柔道連盟女子強化委員、日本オリンピック委員会理事、コナミ取締役、日本学術会議会員、筑波大学柔道部女子監督を歴任

 

スポンサーリンク

山口香(JOC理事)の五輪開催に「意義ない」発言

山口香氏(JOC理事)の五輪開催に「意義ない」と発言したと報じられています。

日本オリンピック委員会の山口香理事が19日、共同通信のインタビューに応じ、東京五輪開催について「国民の多くが疑義を感じているのに、国際オリンピック委員会も日本政府も大会組織委員会も声を聞く気がない。平和構築の基本は対話であり、それを拒否する五輪に意義はない」と厳しい意見を展開した。

引用元:YAHOO!ニュース(共同通信)

 

日本政府、東京都、JOC、IOCは、東京オリンピック強行開催姿勢と報じられている中で、JOC内部の人間であるJOC理事の山口香氏から強行開催とはことなる考えが出たことに多くの反響がありました。

山口香氏(JOC理事)の五輪開催に「意義ない」発言への反応

JOC理事という立場上、周囲からのプレッシャーがあるなか、勇気ある発言だと思う。

山口香さんを支持します

いつも広い視野をお持ちで、自分中心ではない俯瞰的な見解を出来る方で好感をもています

山口香氏こそトップになるべき人だと思う

ハッキリ言ってくれて感謝です。

山口香氏(JOC理事)の五輪開催に「意義ない」発言に、支持や賛同する意見が多くありました。

2020年2月に元東京五輪・パラリンピック組織委員会森喜朗会長の女性蔑視発言について、山口香氏(JOC理事)は以下のようにコメントしています。

女性はこうだとくくると個人が失われる。男性とか女性ではなく、一人一人の違い(を認め合うこと)が重要だ。

いろんな考え方や発想が今の世の中には必要で、違いが新しい何かを生む。同じ考えでは生まれない

正に多様性を重要視する社会のはずなのに、皆で同じ意見を持った人間が集まっても、何も生まれることがないですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

五輪開催に「意義ない」と発言したJOC理事の山口香氏について、経歴や高校大学、息子やプロフィールをご紹介しました。

山口香氏(JOC理事)の発言が無駄にならないよう、誰かが汲み取り反映してほしいですね。