音楽

YUKIライブ2021ツアータイトル “Terminal G”の 意味は?コンサートネタバレ

『YUKI concert tour “Terminal G” 2021』が2021年5月22日、厚木市文化会館よりスタートしました。

神ツアー、神ライブとの声も多い今回のライブですが、

ツアータイトルの“Terminal G”について、意味が分からず悩んでいるゆきんこ達が多いのではないでしょうか?

私もその1人ですので、徹底的に考察していこうと思います。

お手柔らかに。笑


YUKIツアータイトル“Terminal G”の意味は?

 

こちら一部ネタバレになりますので、以降は自己責任で読み進めてください。

最初のMCでYUKIから「Terminal」の意味の説明がありました。

Terminalは直訳すると、終点・末端・終わりですが、

「空港のターミナルA、B、Cのように人と人が出会ったり、集まったり、人が交わる場所」と話していました。

ツアータイトル“Terminal G”の意味は、「ライブが終わるころに分かる」と言っていました。

・・・が、ライブが終わってもハッキリと分かりません。涙

 

ここからは、帰宅後にライブを振り返ってみての私の考えです。

ツアータイトル“Terminal G”

Gの意味は、

“good girl”の頭文字

そして

“Terminal G”=ライブ会場

ではないかと考えています。

 

“Terminal G”=ライブ会場だと考える理由は?

音楽ナタリーのインタビューでYUKIが“good girl”について

私の歌を聴いてくれている人たちや大切な人たちの笑顔を見ると、私もうれしくなる。だからこそ私はいつもご機嫌でいたいし、強い心と体を持ったタフなgood girlでいたい。ターミナルとは私自身です。

引用:https://natalie.mu/music/pp/yuki13/page/2

と話していました。

 

ターミナルとは私(YUKI)自身。

good girlなYUKIがいる場所、YUKIに会える場所=ライブ会場

 

どうでしょうか?

もう少し踏み込んでいくために、

good girlの意味『いつもご機嫌で、強い心体を持ったタフな人

について考察します。

 

今回のライブでニコニコ笑顔なYUKIが個人的にすごく印象的でした。

ご機嫌なYUKI

 

そしていつにも増して激しい。ランデヴー直後の灯、凄いの一言でした。

タフなYUKI

 

そして、強い心に関してはもう少しネタバレします。

文字ばかりですが読んでください。

 

強い心を持ったgood girlとは?

YUKIの思う“good girl”の要素の一つ、強い心を持つ。

では今回のライブで、強い心を持ったYUKIはどの部分だったのでしょうか?

 

ライブ演出で、YUKIの携帯電話が鳴り、誰かと電話で話します。(計3回)

(相手の声はなく、YUKIが1人で話している)

この誰か、最後まで分かりません。

しかしその相手は、この世に存在しないか、既に亡くなったYUKIの大切な人ではないかと思います。

 

そして、その最後の電話の後に歌った『はらはらと』

大切な人は私の心の中にいて、いつでも見守っていてくれている。
だから大丈夫!前を向いて今を懸命に生きるよ!

と言う、YUKIのメッセージのように感じました。

そう思いながらセトリを見ると、

大切な人や時間・自分自身を大切に、

辛いことや悲しさ、不自由さを感じても、今できる精一杯をする、強い心を持ち前を向いて進んでいく

と言う歌詞の曲が多いように感じます。

 

その思いを胸に歌い続ける

強い心を持ったYUKI

なのではないかと考えました。

 

ツアタイ『Terminal G』は、
ライブ会場と言うよりは、YUKIそのものかもしれません。

 

そして、終演後にライブ会場で流れるのが

Bob Marleyの『no woman, no cry』でした。


ツアタイとno woman, no cryの関係は?

終演後に流れたBob Marleyの『no woman, no cry』

この曲が流れた時、正直ドキッとしました。

これは絶対にYUKIからのメッセージだと直感して帰宅後調べました。

『no woman, no cry』はどんな曲?

私たちには辛い時もあったが、いつも愛と友情と希望があった。失くなった者もいるが、忘れ去られることはない。生き延びて成功した者もいる。苦難に直面した時でも人生を祝福する曲である。泣かないで、私たちは生き続けなければならない。

引用:https://www.udiscovermusic.jp/stories/bob-marley-no-woman-no-cry-song

このツアーを表すような、意味のある曲ですね。

スポンサーリンク

まとめ

YUKI concert tour “Terminal G” 2021のツアータイトルである

“Terminal G”の意味について考察しました。

全て私の考えですので、今後YUKI本人から説明があるかもしれません。

答え合わせまではもう少し時間がかかりそうですが、みなさま自身の

“Terminal G”について、ライブを振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

そしてこれからライブに行く方は、

Terminal Gでgood girlの素晴らしいコンサートを是非堪能してきてください。

Bob Marleyの『no woman, no cry』まで楽しむことをお勧めします!