音楽

梶浦由記の天才的経歴と年収/印税がすごい!鬼滅の刃等代表作は?セブンルール

鬼滅の刃や機動戦士ガンダム、NHKドラマなど数々の作品の曲を手掛けてきた作曲家の梶浦由記さん。

梶浦由記の手掛けた曲は、作品の中に溶け込み更に作品の情景を豊かにしてくれますね。

そんな梶浦由記さんについて「梶浦由記の天才的経歴と年収/印税がすごい!鬼滅の刃等代表作は?セブンルール」と題し、ご紹介します。

2021年6月8日放送のフジテレビ系列「セブンルール」で梶浦由記さんが特集されるようです。

この記事の内容

梶浦由記の天才的経歴

梶浦由記の年収/印税がすごい!

梶浦由記の鬼滅の刃など代表作は?

梶浦由記がセブンルールなどメディアに多数出演

 

西川悟平の結婚や高校は?強盗を改心させた7本指のピアニスト!CMや激レアさんに出演世界的に有名な日本人ピアニストの一人、西川悟平(にしかわ ごへい)氏。 西川悟平氏は「7本指のピアニスト」としても知られる他、「強...

梶浦由記の天才的経歴

梶浦由記さんの天才的経歴についてご紹介します。

梶浦由記さんの天才的経歴

1965年8月6日東京都生まれ

小学校、中学校はドイツで育つ

1981年、帰国子女として東京都立国立高等学校へ進学

アマチュアのガールズバンド「15 SAND(いちごさんど)」にキーボーディストとして加入

1984年、津田塾大学学芸学部英文学科へ進学

1988年、日本電信電話 (NTT) に技術者として入社

1993年、7月プロの音楽ユニット「See-Saw」としてメジャーデビュー

1995年、「See-Saw」の活動休止、作詞・作曲を中心としたソロ活動開始

1995年1月公開のドラマ映画『東京兄妹』で作詞・作曲を手掛ける

1997年、アニメ版『EAT-MAN』(SFファンタジー漫画原作)をアニメ音楽を担当

1998年、アドベンチャーゲーム『ダブルキャスト』でゲーム音楽を手掛ける

2001年、テレビアニメ『ノワール』の楽曲「Indio」のボーカルに石川智晶を迎え、See-Sawでの活動を再開。ビクターエンタテインメントへ移籍

2002年、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」が大ヒット

2008年、1月に自身がプロデュースする女性ボーカルユニット「Kalafina」誕生

2014年、上半期のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の劇伴を担当

2018年2月、所属事務所のスペースクラフトプロデュースを退社。

2018年6月、個人事務所「FictionJunction Music」の設立
ハイウェイスターとも業務提携

2019年3月、Kalafinaを解散

2020年12月、第62回日本レコード大賞で作詞・作曲を手掛けた「炎」が日本レコード大賞を受賞

 

スポンサーリンク

梶浦由記の年収/印税がすごい!

梶浦由記さんの年収/印税がすごいようなのでご紹介します。

今回は主に梶浦由記さんの印税に焦点を当てていきます。

印税にはいくつか種類があり、音楽に関連する印税は以下の通りです。

  1. 著作権印税:著作者に対して支払われる印税。テレビ、カラオケ、映画などで使用された分だけ印税が入る。
  2. 原盤印税:CDやレコード製作者に対して支払われる印税。CDやDVDなどの売りれた分印税が入る。

今回は、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の主題歌の「炎」について、調べてみました。

「炎」の作詞は、梶浦由記さんとLiSAさん2人で、作曲は梶浦由記さんが担当されています。

一般的に「著作権印税」は6%とも言われていて、そのうち50%が音楽出版会社、25%が作詞家、残りの25%が作曲家と言われています。

従い、梶浦由記さんの「炎」の「著作権印税」は、2~3%となります。

更に、梶浦由記さんは「炎」のプロディースもされています。

契約形態にもよりますが、梶浦由記さんの「炎」の「原盤印税」は10%と仮定します。

更に、その他の単価を以下と仮定します。

  • ストリーミング再生回数2円
  • YouTube0.2円
  • カラオケ1円

ストリーミング再生回数は2億回は超えています。

2億回x2円=4億円

YouTubeの総再生回数は約2億回.

2億回x02円=4000万円

カラオケ人口は、年間およそ4000万人と言われています。

ずっとカラオケランキング上位だった「炎」ですから仮に1人1回歌ったとしても4000万回。

4000万回x1円=4000万円

CDの売り上げ枚数が約28万枚です。

28万枚×1320円×10%=約3700万円

ダウンロードが約90万回ですので、

90万回×255円×10%=約2300万円

更に「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」は興行収入が400億円を超えました。

400億円の1%でも4億円ですから相当ですよね。

梶浦由記さんの印税について、まとめると以下の通りです。

ストリーミング再生:4億円

YouTube:4000万円

カラオケ:4000万円

CD:約3700万円

ダウンロード:約2300万円

映画:4億円

 

総額:9億4000万円

その他にもテレビやライブ、イベントでも使用されていますので、かなりの額になることは間違いなさそうです。

(あくまでも推測した概算になります。)

 

スポンサーリンク

梶浦由記の鬼滅の刃など代表作は?

梶浦由記さんの鬼滅の刃など代表作をご紹介します。

『機動戦士ガンダムSEED』エンディングテーマ

『魔法少女まどか☆マギカ』劇中音楽

北野武監督『アキレスと亀』映画の劇伴

NHK連続テレビ小説『花子とアン』ドラマの劇伴

などが挙げられますが、ここに上げたのは梶浦由記さんのほんの一部の作品です。

 

スポンサーリンク

梶浦由記がセブンルールなどメディアに多数出演

梶浦由記さんがセブンルールなどメディアに多数出演されています。

OLからサウンドプロデューサーへ 音に恋した夢人…梶浦由記(2003年9月1日、毎日放送)

「ソードアート・オンライン」刊行10周年記念特番 作曲家 梶浦由記とSAOの音楽 (2020年4月12日、TOKYO MX)

「セブンルール」(2021年6月8日、フジテレビ系列)

 

スポンサーリンク

まとめ

数々の作品の楽曲を手掛ける作曲家の梶浦由記について、天才的経歴と年収/印税、鬼滅の刃等代表作、セブンルールなどの出演メディアをご紹介しました。

既にここ数年の担当作品も決まっており、どんな作品にどんな曲を作ってくれるのか楽しみですね。

今後も梶浦由記の活躍に注目ですね。