政治・経済・国際

柚木治(GU社長)年収や経歴は?高校大学(学歴)や息子はいる?野菜で失敗?

ユニクロのセカンドブランドGUの代表取締役社長を務める柚木治(ゆのき おさむ)氏。

誰もが知るGUの代表取締役社長を務めている方なので、エリート街道で大きな失敗なんて無縁な方なのだろうと思ったら、そうでもないようです。

どちらかと言うと挑戦をし、失敗することの方が大事とも教えてくれているような気もします。

そんな柚木治氏について「柚木治(GU社長)年収や経歴は?高校大学(学歴)や息子はいる?野菜で失敗?」と題し、ご紹介します。

この記事の内容

柚木治(GU社長)の年収

柚木治(GU社長)の経歴

柚木治(GU社長)の高校大学(学歴)

柚木治(GU社長)の息子

柚木治(GU社長)が野菜で失敗?

 

柚木治(GU社長)の年収

柚木治氏(GU社長)の年収についてご紹介します。

柚木治氏(GU社長)の年収

柚木治氏(GU社長)の年収は公表されていません。

柚木治氏(GU社長)の年収は公表されていませんでした。

しかし、GUの親会社にあたるユニクロを運営する「ファストリテーリング」の役員の年収について調べてみたところ、なかなか凄いことになっていました。

ファストリテーリングの代表取締役社長兼会長を務める柳井正氏の年収は、4億円。

ファストリテーリングの取締役でCFO(最高財務責任者)を務める岡﨑健氏の年収は、1億8,500万円でした。

更に他の取締役に対し、1億円近くの年収を出しているようです。

柚木治氏(GU社長)は、ファストリテーリングの子会社であるGUの代表取締役を務めているので、それに近い年収をもらっていることが予想されます。

(ここに記載した額は、2020年8月期によるものです。)

 

スポンサーリンク

柚木治(GU社長)の経歴/野菜で失敗?

柚木治氏(GU社長)の経歴についてご紹介します。柚木治氏(GU社長)は、野菜で失敗した経験もあるそうです。

柚木治氏(GU社長)の経歴

1965年 兵庫県西宮市甲子園口駅商店街の八百屋の息子として生まれる

1988年4月 大学卒業後、伊藤忠商事入社

1999年1月 GEキャピタルコーポレーション入社

1999年12月 株式会社ファーストリテイリング入社

2000年3月 株式会社ファーストリテイリング執行役員ダイレクト販売事業部長

2002年9月 株式会社エフアール・フーズ代表取締役社長

2004年5月 株式会社ファーストリテイリング執行役員

2007年12月 株式会社ユニクロ執行役員

2008年9月 株式会社GOVリテイリング取締役副社長

2010年9月 株式会社GOVリテイリング代表取締役社長

2011年9月 株式会社ジーユー代表取締役社長

1965年に兵庫県西宮市甲子園口駅商店街の八百屋の子として生まれた、柚木治氏(GU社長)は大学卒業後、総合商社の伊藤忠商事へ入社します。

柚木治氏(GU社長)は、伊藤忠商事に入社後、人事を4年間担当した後、石油化学プラントに移動します。

伊藤忠商事の石油化学プラントでは、アメリカ合衆国ヒューストンに約2年半駐在していたそうです。

 

柚木治氏(GU社長)は、伊藤忠商事で約11年間勤めた後、GEキャピタルコーポレーションへ入社します。

柚木治氏(GU社長)は、EキャピタルコーポレーションでM&Aマネジャーを務めていました。

そして1年後に株式会社ファーストリテイリング入社し、Eコマースの立ち上げに関わります。

翌年に執行役員ダイレクト販売事業部長に就任。

ユニクロの海外進出にも携わります。

2002年に、ファーストリテイリングの新規事業として、役員の反対を押し切り食品直接販売事業のエフアール・フーズを立ち上げ代表取締役社長を務めます。

僅か1年半で26億円の赤字で撤退します。

柚木治氏(GU社長)は責任者だったので辞表を提出するが、柳井正氏に「26億円損して、勉強して、それで辞めますですか?まずはお金を返してください」と言われ慰留されます。

柚木治氏(GU社長)は、野菜事業の失敗について、自分にとって最大の財産になったと振り返っています。

失敗した当初の落ち込み方は、尋常なものではありませんでした。失敗したことが広く世の中に知られて、とても恥ずかしい思いをしましたから。その経験からお話しすると、失敗を活かすには、まずは心底落ち込んだほうがいいということです。人に会いたくない、何をやるにも自信がない、自分の存在自体が嫌になるという状態を味わい尽くす。次に、何が原因で失敗したのか、何十人という取引先や周囲の人に聞いて、徹底的に反省することです。そして、生きていることが嫌になるほど自信を失くしている状態から、自分にできる目の前のことに何も考えずに取り組むことです。人より早く会社に来るとか、掃除する、大きな声で挨拶する、といったことです。そうしているうちに、徐々に変わっていけたように思います。

引用元:一橋大学ウェブマガジン

 

2008年からGOVリテイリング副社長、2010年同代表取締役社長へ昇格します。

2011年にはジーユー代表取締役社長に就任し、同時にファーストリテイリンググループ上席執行役員も兼任しています。

 

スポンサーリンク

柚木治(GU社長)の高校大学(学歴)

柚木治氏(GU社長)の高校大学(学歴)についてご紹介します。

柚木治氏(GU社長)の高校大学(学歴)

高校:?

大学:一橋大学経済学部(1998年卒業)

柚木治氏(GU社長)の出身高校は明らかにされていません。

柚木治氏(GU社長)の出身高校について調べてみると、灘高校とういう記載もあるようですが、確証は持てませんでした。

柚木治氏(GU社長)は、中学高校ではサッカー部に所属していて、選手兼マネージャーとして活動していたそうです。

高校卒業後は、一橋大学経済学部へ進学します。

一橋大学では、一橋寮に住みテニスサークルは入っています。

さらに学祭「一橋祭」の運営委員としての活動し、運営委員長を務めています。

 

スポンサーリンク

柚木治(GU社長)の息子

柚木治氏(GU社長)の息子についてご紹介します。

柚木治氏(GU社長)の息子

柚木治氏(GU社長)の息子さんに関する明らかな情報はありませんでした。

柚木治氏(GU社長)の息子さんについての明らかな情報はありませんでした。

しかし柚木治氏(GU社長)はご結婚されてお子さんもいらっしゃいます。

経営者インタビューの際に、母親仲間が家に来たときは、どんな衣料品をつかっているのか、聞いてしまうと語っていました。

おそらく母親仲間という表現をするということは、おそらくママ友なのでご結婚されていてお子さんがいることが伺えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ユニクロのセカンドブランドGUの代表取締役社長を務める柚木治氏について、年収や経歴、高校大学(学歴)や息子はいるのかなどをご紹介しました。

野菜事業での失敗を自身の最大の財産と言えるようになるまで、相当な努力をされたことが伺えます。

ユニクロやGUなどのユーザーが多いこのご時世、更に驚く商品の発売を期待したいですね。