スポーツ

山口壮大(デザイナー)経歴や親,韓国と関係?オリンピック表彰式の衣装着物は?評判まとめ

オリンピック表彰式でボランティアが着用予定の衣装が話題になっています。

さらにオリンピック表彰式の衣装をデザインした山口壮大さんにも注目が集まっているようです。

そこでこの記事では「山口壮大(デザイナー)経歴や親,韓国と関係?オリンピック表彰式の衣装着物は?評判まとめ」と題し、ご紹介します。

この記事の内容

山口壮大(デザイナー)の経歴

山口壮大(デザイナー)の親

山口壮大(デザイナー)は韓国と関係?

山口壮大がデザインのオリンピック表彰式の衣装着物は?評判まとめ

 

山口香(JOC理事)経歴や高校大学は?息子やプロフ,五輪開催に意義ない発言について五輪開催に「意義ない」発言と発言したJOC(日本オリンピック委員会)理事の山口香氏が注目されています。 山口香氏は現在、JOC理事...

山口壮大(デザイナー)の経歴

山口壮大さん(デザイナー)の経歴についてご紹介します。

山口壮大さん(デザイナー)の経歴

1982年、愛知県常滑市生まれ

文化服装学院卒(第22期学院長賞受賞)

卒業後、下北沢のHAIGHT&ASHBURYのヴィンテージ店NORTHで働く

2006年、スタイリスト、ミキリハッシン ディレクターとして活動開始

2012年、渋谷PARCOに次世代型セレクトショップ「ぴゃるこ」をオープン

愛知県常滑市に生まれた山口壮大さん(デザイナー)は、デザインを勉強する為、東京にある服飾・ファッションの専門学校「文化服装学院」で学びます。

入学当初、「スタイリストには学年の1%くらいしかなれない」と言われ、ショックを受けると同時に、どうやったらスタイリストになれるか模索したそうです。

まずは行動と思い、どうやったら目立てるかを考え目立つファッションを身に付けていたそうです。

しばらくすると「なんか違うな」ということになり、「格好いい」という要素も取り入れるようになります。

「目立ちながら格好良く」あるためには、自分の内面を磨き、且つ格好いいと評価する外側の社会も意識することを大切にされたようです。

常に意識して生活していたことが功を奏し、専門学校最後のトライアルでは、見事「学院長賞」を受賞されています。

卒業後は、北村道子さんの弟子を目指しますが、北村さんの仕事内容は衣装を作ることで、山口壮大さん(デザイナー)がやりたい洋服を集めるスタイリングではなかったことから諦めたそうです。

その時にちょうど、下北沢のHAIGHT&ASHBURYから誘いを受けて、メンズ中心のヴィンテージ店NORTHで働きます。

お店で働きながら、歴史や古いものについて学び、スタイリングも勉強しながら、NORTHが閉店すると同時に、ミキリハッシャを立ち上げます。

そして2012年に渋谷PARCOからオファーを受け、次世代型セレクトショップ「ぴゃるこ」をオープンします。

当初は、オープンに乗り気ではなかったそうですが、無理難題に応えてくれ先方の気持ちに負け、オープンしたと語っています。

東京オリンピック・パラリンピック2020の表彰式でボラティアが着用する衣装のデザイナーに選任されました。

 

スポンサーリンク

山口壮大(デザイナー)の親/韓国と関係?

山口壮大さん(デザイナー)の両親についてご紹介します。韓国と関係があるのでしょうか。

山口壮大さん(デザイナー)の両親について

ご両親は公務員のようです。

一部では、山口壮大さん(デザイナー)の両親がアメリカ人と韓国人という噂もあるようです。↓

良く調べてみると、親がアメリカ人と韓国人というのは、モデルのエルラ・グロスさんのことのようですね。

山口壮大さん(デザイナー)が企画した古着店について書かれた記事と一緒に紹介されていたモデルのエルラ・グロスさんの情報と錯そうしたようですね。

山口壮大さん(デザイナー)の両親は、公務員で韓国とは関係なさそうですね。

 

スポンサーリンク

山口壮大デザインのオリンピック表彰式の衣装着物は?評判まとめ

山口壮大さんがデザインした東京オリンピック表彰式のボランティアが着用する衣装について様々な声が挙がっているようなので、評判をまとめてみました。

普通の着物や浴衣でも良かったのではという声もあるようですね。

ダサいという声もあるようです。

 

 

デザインした山口壮大さんに誰か色々意見を言ったのではという声も出てきています。

 

スポンサーリンク

まとめ

オリンピック表彰式の衣装をデザインした山口壮大さん(デザイナー)について、経歴や親、韓国と関係はあるのか、デザインした衣装への評判をまとめ、ご紹介しました。

オリンピックについては、開催の是非を含め様々な問題が次から次に出てきていますね。

本来は、開催国として多くの国民に祝福して開催されるはずだったにも関わらず、オリンピックの闇が見えてしまうと厳しいものがありそうです。

今後の展望に注目ですね。